AsahiKASEI

落下シミュレーション技術について

設計・試作のスピード アップ

製品設計段階の3D図面をご提供いただくことにより、早い段階から包装設計の検討が開始できますので開発のリードタイムが大幅に短縮できます。また落下シミュレーションによる緩衝性能予測により、再設計・再試作の時間ロスが大幅に低減できます。

高精度な設計

緩衝材料に関する豊富な知見と最新の落下シミュレーション技術を駆使し、従来不可能と言われていた緩衝材のせん断や座屈変形時の緩衝性能予測が可能となりました。

[1] Taper Model

(a) Time History of Deceleration

(b) Deformation under the Drop Mass 5.3kg

[2] Shear Model

(a) Time History of Deceleration

(b) Deformation under the Drop Mass 2.8kg

[3] Biuckling Model

(a) Time History of Deceleration

(b) Deformation under the Drop Mass 1.9kg

[4] LowG Model

(a) Time History of Deceleration

(b) Deformation under the Drop Mass 1.9kg

省資源設計

落下シミュレーションによる応力分布図を基に、緩衝性能に寄与しない部位の予測が可能になり、緩衝材の使用量を削減することができ省資源に貢献します。

設計アイディアの簡易検証

斬新な設計アイディアも落下シミュレーションを適用することにより、有用性が簡単に精度良くスピーディに判断できます。

お客様の製品設計サポート

落下アニメーションを用い、外装段ボールの中でのお客様の大切な製品の挙動を予測し、お客様ご自身の製品設計へのフィードバックが可能です。